Javaの案件を選ぶメリット

エンジニアが独立して初めて手に入れる案件は、その後にも大きな影響を及ぼします。その案件で行ったことが実績として認められるようになり、次の案件を手に入れるときのアピールポイントとなるからです。類似した案件を受けてこなした実績があると、クライアントから信用されやすく、依頼も受けやすくなります。そのため、初期に受けた案件で必要になった知識や技術の、延長線上でできる仕事ばかりを請け負っていくことになる場合もあります。その点も考慮し、初期に選んでおくといいのがJavaを必要とする案件です。(「Java」でフリーランスをはじめようを参考に…)
Javaを使う案件をこなした実績があるとアピールできると、選べる案件が飛躍的に増えます。様々な分野で使われている言語であるにもかかわらず、十分な実績を積んでいるエンジニアが少ないのが現状としてあるのです。継続的にJavaを使った案件で実績を積んでいくと、手練れのエンジニアとして引く手数多になるでしょう。待遇もより良いものになっていき、稼げるだけでなくやりたい仕事も選べるようになります。
Javaは、将来性に優れているのも魅力です。拡張性が高い仕様の言語なので、十分にJavaに精通できると飛躍的に応用範囲が広がっていきます。使いこなせるようになっておけば、今までとは違う分野に入って実力を発揮することも難しくありません。フリーランスをするうえでは、多様な案件に対応できる柔軟性があると将来的にも仕事に困らずに済むので、Javaの案件にできるだけ取り組むようにしましょう。